費用から考える!理想的な結婚式場とはどこか

値段が何よりも難しい問題

結婚式を行なう事になった場合、一番初めに決める必要があるのが「式場」の問題です。式場をどこにするかによって招く参列者の数が変わるだけでなく、式全体にかかる費用も変動しますよね。結婚式を行なえる場所と言えばホテルやゲストハウスだけでなく、レストランから自宅まで多様に存在しています。どのような場所が最も費用面で支出を抑えられるのか考えてみましょう。日本の男女が結婚式に費やす費用は約250万円と言われていますが、節約するに越した事はありません。


場所だけではなく規模が左右する値段

一般的にレストランウェディングはホテルやゲストハウスを借りるよりも安価に挙式できる事で知られている場所です。レストランはホテルよりも小規模ですから、大勢の参列者を呼べないと言う夫婦にも向いています。一方ホテルで行える結婚式の中には少人数制結婚式と言うプランも存在しており、そうした形の挙式であればレストランより安上がりになる事があります。少人数制とは親しい友達や家族だけで行なう結婚式ですから、畏まらずに挙式できる方法でもあるのです。


マイホームで自由な結婚式を開く

一方最もコストパフォーマンスの良い結婚式場と言えば、「自宅」が挙げられるでしょう。自分の家で挙式すれば費用の範囲内で飾り付けができるだけでなく、人件費もかかりません。それだけ準備に手間がかかりますが、一方で夫婦にとって100パーセント理想的な結婚式を行なう事ができるのです。もちろん新婦様を招く事によって家の中で簡易チャペルを行なう事も可能です。マイホームウェディングを実行したい場合、できるだけ事前に規模の大きな家を建てるようにしましょう。



お台場の結婚式場ならば、挙式のスタイルを自由に選べますから、新郎新婦や親族をはじめとして、ゲストの誰もが納得できます。