案外知らない!?結婚指輪について勉強してみよう

誰もが疑問に思うのがなぜ左の薬指?

結婚指輪は左の薬指につけますが、それがあたりまえすぎて疑問に思わなかった人もきっと多いですよね。既婚者かどうか左手の薬指を見て確認するという人もいるでしょう。この左手の薬指というのは実は古代ローマの時代から行われていたのですよ。左薬指は心臓とつながっていると考えられており、お互いの心と心をつなぐという意味が込められていると言われているのです。その習慣が伝わって現代の日本でも変わらず行われているのですね。


指輪を交換するのはなぜ?

結婚指輪は式の中で、新郎と新婦が交換してお互いの指にはめる事があります。これは式のセレモニーの1つであり取り入れる人もいれば入れない人など様々なのですよ。必ず行うと思いがちですが自分達で選ぶことができるのです。そのためチャペルでの式だけでなく神前式などでも取り入れている人も多いのですよ。この指輪の交換にも意味があり、お互いの愛を確かめ、そして誓いあうという意味があるのですよ。結婚指輪にも色々な意味があるのですね。


結婚指輪にプラチナが多いのはなぜ?

結婚指輪を探しにデパートなどに見に行くとプラチナで作られているものが多い事に気がつくでしょう。ではなぜプラチナが多いのか気になりますよね。プラチナはシルバーなどと違って強いので変色や変化しにくい金属なのです。そのため永遠に変わらないという意味合いがあるため選ばれているとも言われているのですよ。また耐久性も高いので毎日身に着ける事ができ、長持ちしてくれるので利用されているという理由もあります。このように結婚指輪には様々な意味が込められているのです。



女性にとって婚約指輪は大切です。生涯大切にされる方が多いですので、選ぶ際にもアフターケアがしっかりしているところからの購入が望ましいです。