誰が買うものなの?結婚指輪のあれこれについて

夫婦二人で購入するのが一般的

婚約指輪が男性から女性に贈られるべきものであるのに対して、結婚指輪は夫婦が付け合うものですよね。婚約指輪は男性が購入するのが一般的ですが、結婚指輪の場合はどうなのでしょうか。やはりこうした夫婦ともに付けるものであるという結婚指輪の性質から、二人で相談して購入するというのが一般的なようですね。結婚指輪は、すでに婚姻関係にある男女が購入するものですし、同じ生活をしている夫婦が買うものなので、夫婦が一緒に費用を支払うということが多いです。


婚約指輪と同時に購入するとき

一方、夫婦が二人で購入するのではなく、どちらかの負担で買ったというカップルも意外と少なくありません。たとえば、婚約指輪と一緒に結婚指輪を購入したというようなケースでは、婚約指輪の費用と一緒に結婚指輪の購入代金も男性側が支払うということが多いようですよ。結婚指輪の購入には、それなりの費用がかかるものでもありますし、購入時にお金に余裕のある方が代金を支払うというカップルも少なくないということなんですね。


女性が負担する場合とは

結婚指輪の費用を女性側が負担するというケースも、少ないながらあったりします。それはたとえば、結婚式の費用を男性側が全額負担してくれたので、結婚指輪は女性が購入すると言ったようなケースです。あるいは、男性側があまり結婚指輪の購入に乗り気でないという場合も、女性が負担したりしますね。男性は指輪自体にあまり関心がないこともありますが、一方で女性にとっては結婚指輪は憧れでもあるので、費用を負担してでも欲しいという女性も多いのです。



マリッジリングは常日頃つけている方も多く、自分でもよく目にするので、長くあきないデザインが好まれています。