こだわったものを選びたい!失敗せずに良い婚約指輪を選ぶ方法

お互いの好みを取り入れることが大切

婚約指輪をカップルがいっしょに選ぶという行為は、これから夫婦となる2人がする最初の共同作業といえます。実際にショップに行って選ぶ時に、お互いの好みが違うせいでトラブルになって仲が悪くなってしまうことはできるだけ避けるべきですよ。例えば、男性のはコストがあまりかからない素朴なデザインのものがいいのに、女性の方は、有名なブランドの派手なデザインのものを選びたがるといった違いがよくあるので、できれば男性よりも女性の意見を優先して選ぶとトラブルにならなくてすみますよ。


男性の意見も重視するべき

婚約指輪をカップルがいっしょに選ぶ時は、どちらかというと女性の意見を優先して選ぶカップルが多いのですが、女性だけの意見を重視して選んでしまうと、男性が不満を抱えたまま婚約指輪を身につけることになってしまうんですよ。だから、婚約指輪を選ぶ時には、どちらか一方の意見に偏らずに、しっかり結婚するカップルの両方の好みに合うデザインのものを選ぶという風にするといいですよ。男性のほうがお金を払うことになるので、男性の意見も重視するべきですよ。


おかしくないかイメージする

婚約指輪を専門のショップでじっくり選ぶときに、デザインの派手さだけで買ってしまうことがよくあります。けれど、パッと見てよいデザインと思ったものをすぐ買うよりも、実際にショップで身に付けてみて、自分に似合うかどうか確認することが重要ですよ。頻繁に身に付けることになってもおかしくないかを具体的にイメージすることで、ベストな婚約指輪を買えますよ。また、派手な婚約指輪を周りの人に自慢したいならば、多くのダイヤモンドで装飾された婚約指輪を選ぶといいですよ。



婚約の証として男性から女性へ、またはプロポーズの後に二人で一緒に選ぶケースも増えているのが婚約指輪です。「エンゲージリング」とも呼ばれています。